仕事と子育てを両立する工夫

仕事と育児、どちらも頑張っているという人は大勢いますが、どちらかがおろそかになったり、両方行きづまる人もいます。子育てと仕事の両方ができているという人は、どういった手法を使っているでしょう。

仕事もして、子育てもしてという時は、時間との折り合いのつけ方が重要です。仕事の上で大事ことは情報をなるべく他の人と共有すること、自分が休んでも良いように準備をしておくことです。

何かあった時に、自分がなければ作業ができないということがないよう、仕事の内容によっては2人体制で当たるといいでしょう。情報の共有をするというのは家庭でも同じことです。

一人で仕事も家事も育児もするのは不可能ですので家族の強力が必要です。家族みんなで、電化製品の置き場所や簡単な使い方、食器や調味料の置き場所などを把握しておくことで、家事が簡単になります。

夫や子どもも一緒になって、明日の保育園や幼稚園に持っていくもの、準備しなければならないものなどを知っておきましょう。

母親だけが育児をするのではなく、父親や家族も一緒になって子育てをすることで、仕事と子育てのどちらもできるようになります。

子育て中は独身のころと違っていつ何があって仕事がストップするかわかりません。締め切りより早めに仕事が済ませられる状態にしておくことで、不測のトラブル時にも対応可能です。

子育てしながら仕事をするのは大変なことですが、ちょっとした工夫で乗り切ることができるので頑張りましょう。