仕事と子育ての両立

仕事と子育てはできるの?子育てと仕事のどちらもするのは、苦労を伴います。

かつては専業主婦が多かったですが、今では仕事と子育てを両立している人が増えています。

何をすれば、子育てをきちんとしつつ、仕事も問題なく行うことができるのでしょう。

核家族化が進んでいる現在、子育てしながら仕事をするのは非常に大変になってきています。

小学校に入ったばかりの子供や、未就学児のいる家庭の子育ては困難続きです。保育園や小学校に行っていると病気が流行ってかかかることもあります。

仕事をしながらも、子供が具合を悪くしてしまった時は子供のほうにも行かなければなりません。

ある程度子供が大きくなって、小学校4年生くらいになれば学校を休むことも少なくなりますが、その代わりクラブ活動や習い事に、親も参加したり、送り迎えなどが必要です。

子育てと仕事とを並行することはしやすくなってきますが、土日祝に関しては予定が詰まり気味かもしれません。やはり子育てと仕事の両立で一番大変なのは、子どもが小さいころです。

両立するコツは一人ですべてを抱え込まないということです。無理をして体を壊しては元も子もありません。家族で話し合って、互いに助け合いましょう。

それぞれの地域での子育て支援センターなどを使って、子育ての不安や負担を減らすことも大事です。仕事と子育てを上手に両立させるためにも決して無理をせず周りの人に助けてもらいながら乗り切っていきましょう。

子育てしながらできる仕事

子育てをしててもできる仕事多くの女性が、出産してからも仕事をしたいと考えています。

子育てと仕事とどちらもできるような仕事は何でしょう。

仕事もして、子育てもしてという環境を求める場合、適切な仕事は何でしょう。

仕事に拘束される時間が短く、シフトのやりくりができる仕事が子育てしながら働きやすいようです。パート仲間が多く子どもの相談やシフトの調整などを助け合いながらできる職場であればなお良いでしょう。

ファミリーレストランやファーストフード店は、子育てと両立しやすい仕事であると言われています。接客や配膳、厨房料理を作る仕事などですが未経験でも働けてシフトの融通が利くことが多いのが魅力です。

製造業のスタッフや、軽作業の仕事ならば、子育てと両立しやすいと言われています。ちょっと家計を補填したいという人は、1日で終わる仕事など、短期の仕事をするのもいいでしょう。

大人数が働いている職場であれば、子どもの用事で仕事を抜けなければいけなくなった時も、早退や休みがとりやすくなります。子育て中は家でもゆっくり休むことができず体力を使う仕事だとキツイという人におすすめなのは事務の仕事です。

事務のスキルを得ることで、重要な仕事を任される機会も増えてくるかもしれません。他の職種に比べて残業量が少ない会社もよくあるので、子育てをしている人にはいい話です。

子育てしながらできる仕事はたくさんありますので上手に両立して仕事も子育ても楽しみましょう。


ミュゼ会津若松